経営

オーナー社長が抱える経営のモヤモヤを晴らす方法⑥やりたいこととやりたくないことを1000個書き出すと頭がクリアになる

前回の『オーナー社長が抱える経営のモヤモヤを晴らす方法⑤タスクを完了させない限りモヤモヤは募る』では、タスクにしたことを遂行する方法についてお伝えしました。本稿は連載の番外編として、頭をクリアにする方法について解説します。

頭のモヤモヤは本心に気づくための第一歩

オーナー社長として、経営に関するさまざまな決断や判断を迫られることが多いと思います。しかしその中で、

自分は本当にやりたいことをやっているのだろうか?
自分の経営に対する情熱はどこにあるのだろうか?
自分の経営に満足しているのだろうか?

という疑問や不安を感じることはありませんか。

これらの感情は、経営のモヤモヤです。このモヤモヤは、自分の経営に対する本当の気持ちや目的が見えなくなってしまった状態と言えるでしょう。経営のモヤモヤを抱えたままでは、経営に対するやる気や楽しさが失われてしまい、結果的に経営成績にも影響を与えてしまう可能性があります。

では、経営のモヤモヤを晴らすにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは、本心に気づくことが必要です。

なにをやりたいのか?
なにをやりたくないのか?
経営者としてどんな存在でありたいのか?
経営ビジョンや人生計画は何なのか?

これらを明確にすることで、経営のモヤモヤは解消されていきます。

しかし、これらを明確にするのは簡単なことではありません。日々の業務に追われていると、自分の気持ちに向き合う時間や余裕がなかなか取れないからです。そこでオススメなのが、お盆や年末年始など、まとまった休日にやりたいこととやりたくないことを1000個ずつ書き出すことです。まとまった休みが取れない場合は、半日を何回かに分けても良いでしょう。

やりたいこととやりたくないことを1000個書き出すメリットと方法

やりたいこととやりたくないことを1000個ずつ書き出すという方法は、文字どおり自分がやりたいこととやりたくないことを1000個ずつリストアップする方法です。この方法には、以下のようなメリットがあります。

・自分の無意識や潜在意識にある気持ちや願望を引き出すことができる
・自分が本当に大切にしたい価値観や信念を見つけることができる
・自分が抱えている問題や課題を明確化することができる
・自分が向上したいスキルや知識を把握することができる
・自分が楽しんで取り組める仕事やプロジェクトを発見することができる

この方法を実践するには、以下のような手順を踏みます。

① 紙とペンを用意する
② 紙に「やりたいこと」と「やりたくないこと」という見出しを書く
③ それぞれの見出しの下に、やりたいこととやりたくないことを思いつくままに書き出す
④ 1000個ずつ書き出すまで続ける

この方法を実践する際には、以下のポイントに注意してください。

・書き出すことは、具体的で明確なものにする
・書き出すことは、自分の気持ちや意思に基づくものにする
・書き出すことは、現実的で実現可能なものにする
・書き出すことは、自分の経営や人生に関係するものにする

PCよりは紙に書き出すことをオススメします。一度書いたら消せない方が良いからです。その方が自分に素直になれますよ。

リストから経営ビジョンや人生計画を明確にする

やりたいこととやりたくないことを1000個ずつ書き出したら、次はそのリストから経営ビジョンや人生計画を明確にする作業に移ります。

経営ビジョンとは、自分が経営者としてどんな目標や夢を持っているか、どんな価値を提供したいか、どんな社会貢献をしたいか、ということを表す言葉です。経営ビジョンは、自分の経営に対するモチベーションや方向性を示すものであり、経営戦略や行動計画の基盤となるものです。

人生計画とは、会社経営を含めた個人の計画です。オーナー社長の場合は、会社と人生は≒ですが、会社経営を辞めた後も人生は続きますから、人生計画は人生計画としてつくっておいた方が良いでしょう。

やりたいこととやりたくないことを1000個ずつ書き出すと、自ずと経営ビジョンや人生計画は明確になり、数多もクリアになります。よく「100個書き出すと良い」と言われますが、100個くらいでしたら数時間もあれば書けてしまうでしょう。しかし1000となると簡単ではありません。些細なことも書き出さないと、とても1000個には達しません。ある種の禅みたいなものなので、一度試しに書き出してみてください。その後の人生に迷いがなくなります。

次回は、進捗管理や予実管理について解説します。

 

中島 宏明

中島 宏明

投稿者の記事一覧

経営者のゴーストライター

2012年より、大手人材会社のアウトソーシングプロジェクトに参加。2014年、一時インドネシア・バリ島へ移住し、その前後から暗号通貨投資、不動産投資、事業投資を始める。

暗号通貨草創期からの投資家仲間を通じて、草創期からの投資家しか知りえない暗号通貨に関する情報を取得している。

現在は複数の企業で経営戦略チームの一員を務めるほか、バリ島でアパート開発と運営を行っている。

マイナビニュースで、投資や新時代の働き方をテーマに連載中。

連載一覧 https://news.mynavi.jp/author/12228/

関連記事

  1. オーナー社長が抱える経営のモヤモヤを晴らす方法①とにかく書き出す…
  2. 老後不安よりアンリタイヤメント
  3. 信用資産と能力資産という2つの基盤があるから人生は豊かになる
  4. 「出会いあっても別れなし」BtoFというビジネスモデル
  5. 〈1億円倶楽部〉平林良仁会長の「運を良くする10ヵ条」
  6. ベストセラー著者コラボセミナーレポート「戦略的輸入ビジネスアドバ…
  7. 投資・資産運用の始め時は常に今日
  8. 経営者を幸福にする事業投資はM&Aなのか・齋藤由紀夫(…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP