1億円思考江上治コラム

江上治が改めて伝えたいメッセージ #22

先行きの見えにくいVUCAの時代。改めて知っておきたいのが、物事の原理原則や普遍的な真理です。過去の偉人たちや数々の事業・会社を立ち上げ、成功させてきた創業経営者たちの言葉には、そんな原理原則と真理がたくさん含まれています。ベストセラー作家としての顔も持つ江上治の数々の著書のなかから、「江上治が改めて伝えたいメッセージ」として抜粋してお伝えします。

江上治著『運命転換思考 一生かかっても身につけたい5つの「働き方」改革(経済界)』の内容を抜粋、一部編集しております。

不用意な質問で失敗した過去

私自身も、不用意な質問をしたために水をぶっかけられた経験があります。まだ、サラリーマンになりたてのころの話です。

ある車の整備工場に行ったとき、そこは地域でいちばんの会社だと知っていたのですが、

「御社では、車検は月に何台くらいなのですか」

会ってすぐ、整備工場の社長にそう聞いたのです。

とたんに社長の顔色が変わって、そばにあったバケツの水をぶっかけられました。「帰れ」とえらい剣幕です。

「おまえな、初対面の人間に車検の台数がいくらですか、なんて聞くのは、財布の中身を聞くのと同じだぞ。どんな教育を受けているんだ。親の顔が見たい!」

すっかり怒られてしまいました。

質問するという行為は、相手のいいところを発見してあげることにつながります。傾聴することは、その人の価値観、人生観を聴くことです。

その人の人生観を聴かなければ、よい提案というのはできません。

相手が経営者であるなら、その会社の理念、将来のビジョンなどを聴く。企業理念やビジョンのなかには、社長の思いや将来の目的、創業の背景などの要素が詰め込まれています。

経営者も、自分や自分の会社を語りたいのですから、それを聞けば喜んで話してくれるでしょう。

コミュニケーションを図ることができれば、相手にはどんな提案をすればよいのか、喜んでもらえるかがわかってきます。上手に質問し、心を許してくれれば、紹介などもあってどんどん広がっていくのに、もったいない話です。

なんちゃってコンサルになってはいけない

イソップ物語に、滑稽で、哀れなカエルの話が出てきます。

ふと見かけた大きな牛がうらやましくて、「自分も大きく見せたい」と腹を大きく膨らませ、「ウーン」と力んだとたん、腹がバンと破裂してしまうカエルの話です。

このカエルを人に引き寄せて同類を探してみると、弱みを見せたくない人、むしろ虚勢を張って、あるいは見栄を張って強く見せたい人といえます。ブランドを極限まで上げたくてバタバタするのですが、かえって自ら価値を下げてしまう残念な人です。

私自身、かつて知ったかぶりをして、メンターに叱られた経験があります。

まだ独立して間もないころ、マーケティングの勉強をしていました。自分ではマーケティングの知識を自慢したくて、偉そうに、「顧客心理はウンヌン、カンヌン…」話し出してしまったのです。

すると、2分もたたないうちに、

「君、やめなさい」

「君は何のプロだね? 私はこれでも年に何百億円という商売をしている人間だよ。
お客さんの心理は、少なくとも君なんかより、何倍も知っている。
うわべの知識をひけらかす人間には、魅力がないよ。
なんちゃってコンサルに、なってはいけない。
そんなことでは、経営者として必ず失敗するよ。
保険のプロなら、保険を使って人を幸せにする情報以外は、話す必要がない。
自分の世界で勝負しなさい。保険のプロらしいことをいいなさい。
そんな知ったかぶりをしていると、本当に小さな人間に思われるぞ。
ご両親が悲しむぞ」

そういわれました。最後の言葉は、とどめで、腹の底にずしんときました。

このときに、私自身の弱い部分をズバリとえぐっていただかなかったら、もっと大きな恥ずかしい振る舞いや、取り返しのつかない失敗をしていたに違いありません。

中島 宏明

中島 宏明

投稿者の記事一覧

経営者のゴーストライター

2012年より、大手人材会社のアウトソーシングプロジェクトに参加。2014年、一時インドネシア・バリ島へ移住し、その前後から暗号通貨投資、不動産投資、事業投資を始める。

暗号通貨草創期からの投資家仲間を通じて、草創期からの投資家しか知りえない暗号通貨に関する情報を取得している。

現在は複数の企業で経営戦略チームの一員を務めるほか、バリ島でアパート開発と運営を行っている。

マイナビニュースで、投資や新時代の働き方をテーマに連載中。

連載一覧 https://news.mynavi.jp/author/12228/

Avatar photo

江上 治

投稿者の記事一覧

株式会社オフィシャルインテグレート 代表取締役 / 1億円倶楽部 主幹

1967年 熊本県・天草市生まれ。
有名プロスポーツ選手から経営者まで年収1億円超えのクライアントを50名かかえる富裕層専門のカリスマファイナンシャルプランナー。

サラリーマン時代には大手損保会社、外資系保険会社の代理店支援営業において、新規開拓分野にて全国1位を4回受賞、最短・最年少でマネージャーに昇格を果たす。
自身が所属した組織もすべて全国トップの成果を挙げる。
起業後は、保険営業を中心としたFP事務所を設立。人脈ゼロ・資金ゼロから1000名を超える顧客を開拓し、これまでに通算600億円の契約を獲得。
コミッションは創業3年で業界平均の約5倍、社員3名で1億円を超え、今もなお記録更新中。指導した部下は全国7万人のセールスの中でベスト5に2回入賞。
中小企業コンサル業務を展開し、サポートした企業の売上が1年で8倍増になるなどの成果を挙げている。

関連記事

  1. 江上治が改めて伝えたいメッセージ #6
  2. 江上治が改めて伝えたいメッセージ #20
  3. 江上治が改めて伝えたいメッセージ #13
  4. 江上治が改めて伝えたいメッセージ #14
  5. 江上治が改めて伝えたいメッセージ #12
  6. 江上治が改めて伝えたいメッセージ#1
  7. 江上治が改めて伝えたいメッセージ #7
  8. 江上治が改めて伝えたいメッセージ #16

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP