マネー

ギブ&ギブ精神で成長し続ける

「ギバーであることが大切である」「あなたも、今すぐギバーになろう」と勧める本やセミナーは、世の中にたくさんあります。ギバーを日本語にすると“与える人”です。これからの時代、ギバーは本当に生き残ることができるのでしょうか? “与える”とは、どういうことなのか。与えることで人は成長できるのか。本稿で考えていきたいと思います。

本当にギブ&テイクで良いのか

「ギブ&テイク」という言葉があるように、社会にはギバーとテイカーがいます。ギバーは“与える人”で、テイカーは“得る人”という関係です。ここでのテイカーは、得る人よりも“奪う人”とネガティブな表現の方が正しいでしょう。

ギバーとテイカーの中間にいるのが、マッチャーという存在です。マッチャーは、フェアな取引や関係を重視します。

「貢献したのだから、その対価はこれくらい支払われるべきだ」
「仕事をしたのだから、お金を受け取るのは当然だ」
「だれとでも平等に付き合い、だれとでも対等に話す」

と考えるのがマッチャーです。

テイカーほどではありませんが、マッチャーにもどこかネガティブなニュアンスを感じます。

「ギブ&テイク」と言われるように、はじめにギブ(与える)の行為があり、後からテイク(得る)がきます。この順番は入れ替わることはなく、「テイク&ギブ」ではないのです。「テイク&テイク」は、俗にいう“くれくれ君”のような存在です。人から与えてもらうことばかり考えており、人に貢献したり尽くしたりするという発想や思考がありません。

これからの時代、テイカーはいうまでもなく没落するでしょう。一時的な利益やメリットを得ることができたとしても、あとでしっぺ返しがくるのが人生です。マッチャーは、永遠に“そこそこ”。大成することはないでしょう。「ギブ&テイク」は、マッチャーと等しい言葉ですから、ギブ&テイクの精神では今後生き残れないかもしれません。

成長できるギバーと成長できないギバー

ギブ&ギブ精神で 成長し続ける
「ギブ&ギブ」の精神を持っているギバーは、これからの時代も信用を得て信頼関係を築き、無形資産から有形資産を築くことができるでしょう。

無形資産とは、信頼関係や知恵、リテラシー、スキルなど、数値化しにくい資産のこと。一方の有形資産は、株などの有価証券や不動産、現預金など、数値化できる資産です。他には、情報資産もあります。情報資産には、有益なものと不利益なものがあります。

ギバーは、無形資産を周囲の人たちに与え、無形資産を高めながら有形資産も築いていきます。しかし、そんなギバーにも2種類います。それは、破滅するギバーと生き残るギバーです。

破滅するギバーは、ただただ与えるだけの人。このギバーは、成長することができません。全体を見ず、目の前の人に与え続けるだけでは、いつか自分が枯渇してしまいます。時間も体力も有限です。一見すると良い人なのですが、「ただの良い人で終わっちゃう」というパターンです。

生き残るギバーとは、パイを増やして人に与え、自分も得る人です。このギバーは成長し続けることができます。俯瞰して全体を見て、奪い合うのではなく与える。ただ与えるのではなく、絶対数を増やす。競争ではなく、協業や共栄、共創を重視する。そんな風に、マーケットを創れる人が、どんな時代も生き残ることができるギバーです。

生き残れるギバー、成長し続けるギバーになり、ギブ&ギブの精神を忘れずに日々過ごしたいものです。

「奪う人なのか、与える人なのか」を明確にすべきだということだ。

これを見分けるいちばんのポイントは、金の使い方である。自分のことにしか金を使わない人は得てして「奪う人」である。

人のため、部下のため、仲間のために、惜しげもなく金を使う人は「与える人」である。私はFPとして、お客さんの帳簿をくまなく見させてもらうが、成長を続ける人は必ず「与える人」である。それも、報酬はもとより、普段から社員育成など、「人」に金を使っている。

つまり、「人こそ宝」という意識が強いのである。

現代のような時代では、どこの会社でもコストカットに躍起になっているが、人に金を掛けることをやめた企業は衰退する。
年収1億円手帳(江上治 著、経済界)

中島 宏明

中島 宏明

投稿者の記事一覧

経営者のゴーストライター

2012年より、大手人材会社のアウトソーシングプロジェクトに参加。2014年、一時インドネシア・バリ島へ移住し、その前後から暗号通貨投資、不動産投資、事業投資を始める。

暗号通貨草創期からの投資家仲間を通じて、草創期からの投資家しか知りえない暗号通貨に関する情報を取得している。

現在は複数の企業で経営戦略チームの一員を務めるほか、バリ島でアパート開発と運営を行っている。

マイナビニュースで、投資や新時代の働き方をテーマに連載中。

連載一覧 https://news.mynavi.jp/author/12228/

関連記事

  1. 人生100年時代は 「無形資産」で豊かになろう 人生100年時代は「無形資産」で豊かになろう
  2. 経営者の悩みをカテゴライズする
  3. 人生を充実させるために知っておきたい3つの投資領域
  4. 南の島でリタイア生活するために必要な生活費
  5. 投資で大金を得ると、宝くじ当選者と同じ末路をたどってしまうのか
  6. 社長の手取りをトコトン増やす!「キャッシュ・イズ・キング」を提唱…
  7. 投資案件が破綻する前の危険サイン
  8. VUCA時代は「計画的偶発性理論」で夢の途中を生きる

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP