経営

次世代リーダーを目指す若き経営者のための『1億円思考倶楽部』を発足

次世代リーダーを目指す若き経営者のための『1億円思考倶楽部』を発足

江上治が新たに発足した “次世代リーダーを目指す若き経営者” を対象とした『1億円思考俱楽部』。その第一期メンバーを募集するため、説明会および体験セミナーを開催しました。『1億円思考俱楽部』は、江上治の経営理念であり、人生の理念でもある“縁を絆に変え、共に成長する”を体現する、経営者限定の会です。本稿では、説明会および体験セミナーの様子を一部ご紹介します。

>>>『1億円思考俱楽部』公式サイトはこちら

『1億円思考倶楽部』ビジョン

今回発足した『1億円思考倶楽部』のビジョンは、次世代リーダーを育成すること。

新たな生活様式やお金など、世の中の様々な価値観が大きく変化している中、各分野のプロフェッショナルをお招きし、勉強会や合宿形式のワークショップなどを企画して、社会を牽引する次世代リーダーに、さらなる成長機会をご提供します。

『1億円思考倶楽部』入会条件

入会条件は、以下のとおりです。

1.企業経営者またはオーナーであること。*士業法人経営者も可
2.志が高く、かつ年収1億円又は資産10億円を真摯に目指すこと。
3.勉強会やイベントに定期的に参加できること。
4.当会代表との面談を受けること。
5.当会の目的や理念に共感し、規約を遵守すること。

詳細やお問い合わせ、申し込みは『1億円思考俱楽部』公式サイトから

自分の人生の目的に素直になる

2022年9月8日(木)に行われた説明会・体験セミナーでは、『年収1億円を超える「稼ぐ人」の共通項とは? ~年収1億円メンターから学んだ5つのこと~』をテーマにした講演のほか、コミュニティに関する説明もされました。

まず語られたのは、年収1億円を稼ぐ人の共通項、あるいは大前提として「自分の人生の目的に対して素直であること」。親とか先生に対して素直ということではなく、あくまでも自分の人生の目的に対して。言葉にするのは簡単ですが、実行するのは難しいのではないでしょうか。

『1億円思考倶楽部』は、次世代のリーダーを育成するためのコミュニティです。会員同士が成長し合い、お互いに豊かになるためのプラットフォームでもあります。そのために、各分野のプロフェッショナルや、豊かな人生を送るために欠かせないメンター陣を勉強会&交流会や合宿などにお招きします。楽しい、かつ経営や人生に役立つ企画をしていきますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

会員個々が主人公になるコミュニティ

9月8日(木)当日は、業種を越えた幅広い経営者の方々にご参加いただきました。

・経営を改めて学びたい
・元アスリートがビジネスの世界で活躍できることを証明したい
・経営や仕事だけでなく、投資や資産運用についても知りたい
・事業投資の失敗パターンや成功パターンを知りたい
・自分だけでは小さくまとまってしまうので、視座を高めたい
・チームづくり、仕組みづくりを知りたい
・今までとは違う経営者のつながりをつくりたい

など、参加理由もさまざまです。

江上は、「自分一人でやっている人は、お金持ちになれない」「1億円思考倶楽部は、ここにいるみなさんが主人公になるコミュニティ」「専門家やメンターをどんどん呼ぶので、遠慮なく活用して成長してもらう」と語ります。

「稼ぐ人」の共通項とは

『年収1億円を超える「稼ぐ人」の共通項とは? ~年収1億円メンターから学んだ5つのこと~』と題して行われた講演では、まず最初にこのスライドが投影されました。

「50」「30」「20」と並ぶ数字。これは何の数字でしょうか。

その答えは、ここでは示しません。ぜひ考えてみてください。これまでに数多くの富裕層、創業経営者を見てきた江上の“大きな資産を築くためのヒント”が、この数字には隠されています。

「起業塾に入ってもムダ。だれでも、いつでも起業はできる。どんな目的と、どんなゴールを持つかが重要である」と江上はいいます。さらに、「お金持ちになる能力」として、

・稼ぐ力
・貯める力
・増やす力
・守る力
・使う力

についても解説がされました。これら5つの全てが揃っている人はいないといいます。

余談ですが、江上は顧問税理士から『交際費1億円思考』というタイトルで本を出しなさいと言われるほどの交際費を使います。「現金を持っていると、使っちゃう。だから毎月積み立てて資産運用している」と人に話せるのは、自分の性格や癖、習慣を理解しているからこそ。5つのお金持ちになる能力のうち、自分はどの力に秀でているのか。どの力がないのかを理解することは、極めて重要なことです。弱いところは、専門家を頼るしかないのです。そのために、このコミュニティはあります。事業を成功させ、物心ともに豊かな人生を送るためには、メンターが欠かせません。自分の強みを教えてくれ、その活かし方を教えてくれる存在が必要です。

メンターから学んだ5つのこと

「年収1億円メンターから学んだ5つのこと」として、

・予算思考と投資思考
・自責と他責
・絶対肯定感
・習慣と環境
・決断力

の5つが挙げられました。

起業家や経営者は投資思考であり、必ず最初にお金が出ていくもの。例えば、社員育成は特にそうで、社員が売上や利益を上げる前に必ず先行投資が必要です。一方で、雇用されるビジネスパーソンは予算思考です。投資思考を習得せずして、事業が成功することはありません。

自責と他責は、採用であっても、社員育成であっても、その失敗を他責にせず自責にできるかどうか。失敗した理由を徹底的に考える習慣を持つこと。そして、経験を次に活かすことです。江上は以前、「社員に関して悩んでいる。どうしたら良いでしょうか」と、メンターに聞いたことがあるといいます。メンターは、「江上さんは、どうしたいの?」と聞いたそうです。主体がなくては、自責にできません。

絶対肯定感は、子どもや身内の不幸、あるいは倒産の危機すらも肯定する姿勢です。苦しいときほど、この絶対肯定感が必要になるでしょう。

習慣と環境は、「今の自分」をつくっているものです。だれと仕事をするかか、だれと時間をともにするか、どんなお金の使い方をするか。それらが自分をつくりだします。

決断力は、なにを選択するか。基本的に、稼ぐ人は決断が速いものです。そして、自分で今決めます。レストランでオススメを店員さんに聞いていてはダメなのです。自分で決めることを積み重ねなければ、良い決断もできません。

ほかに当日は、ベストセラー作家である江上だから語れる出版の実態や出版を上手に活用する方法についても解説されました。『1億円思考倶楽部』には、江上の著書に登場する豪華メンター陣のほか、著者仲間も講師として登壇する予定です。ここにしかない生の情報、ここでしか出会えないメンターや各業界のプロフェッショナル、業界を越えた経営者が集まるコミュニティですので、ぜひご参加ください。第一期は50名の限定、その後の募集は今のところ未定です。

 

関連記事

  1. 1億円倶楽部とは
  2. 人生を充実させるために知っておきたい3つの投資領域
  3. 未来と幸福を考えるときに読み返したい「漁師とコンサルタントのお話…
  4. 資産10億円を達成するために欠かせないプライベートバンキングサー…
  5. 本質を問う力が現状を打破する
  6. 投資・資産運用の始め時は常に今日
  7. VUCA時代は「計画的偶発性理論」で夢の途中を生きる
  8. 世代を超えた交流が人生と会社を豊かにする

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP