マネー

恐慌時にこそ覚えておきたい投資格言

長い株式市場の歴史の中で語り継がれてきた教訓や戒めとなる言葉があります。「相場格言」と呼ばれ、時折読み返したくなる言葉です。株式投資だけに限らず、不動産や暗号資産にも応用できる投資の格言ではないでしょうか。本稿で、その一部をご紹介します。

相場のことは相場にきけ

相場が思わぬ方向に動き、見通しが不透明なときには、相場はあらゆる要因を織り込んで動いていると考えて、相場の動きに従った方が良いという考え。

売り買いは三日待て

売り買いは焦らず三日待つのが良いということ。研究せずに焦ると失敗するという考え。

売るべし 買うべし 休むべし

株式相場は年中売ったり買ったりするのではなく、ひとつの取引が終わったら市場環境や相場動向を観察する余裕を持つことが大事であるという考え。

落ちてくるナイフはつかむな

落ちてくるナイフをつかむと、柄をつかめず、刃をつかんでケガをしてしまう。ナイフが床に落ちてからつかめば無傷。株価が急落しているときに買ってしまうと、さらに下がって大損してしまうので、株価が目先の底について、そこから下がらないことを確認してから買った方が良いという考え

相場に過去はない

「あのとき売っておけば」「あのとき買っておけば」と後悔しても後の祭りであるという意味。また、過ぎたことを悔いても仕方がないので今後の投資に集中すべきという意味も。

買い二分に売り八分

株式投資で利益を上げるためには、「売り」が大事だという格言。少々買いのタイミングを間違えても、売りのタイミングを間違えなければ利益を上げられるという考え。

株価の里帰り

株価は上がったり下がったりしても、元の水準に戻ることもあるという格言。相場にはサイクルがあり、また元の株価に戻るだろうという意味。

必ずしも市場にいる必要はない

一日中、市場動向が気になって株価を見続ける投資家がいます。そのような人は目先の動きが気になりすぎて、情報に惑わされ不必要に売買を繰り返してしまい、かえって損をしてしまうという戒め。

頭と尻尾はくれてやれ

「最安値で買い、最高値で売りたい」というのが本音ですが、底値で買って天井で売ることはほんど不可能で失敗しがち。買うときも売るときも上下は少し残した方が良いという考え。

行き過ぎもまた相場

いろいろな指標を見て試算し、これ以上は株価が高く(安く)なるはずがないと考えても、実際にはその予想を上回って(下回って)しまう。結局、行きつくところまで行かなければ収まらない。それも相場のうちであるという考え。

心ゆるめば財布もゆるむ

相場で大儲けした後は気が緩みがちで、思わず財布もゆるんで、思わぬ損をしがち。どんなときでも、平常心で相場に臨むことが肝心。

遠くのものは避けよ

投資対象を探すのに自分の知らない業種を買うよりは、身近な生活と関連のある会社や仕事で関係がある会社など、多少とも知識や親近感のある銘柄を選んだ方が間違いが少ない。自分が理解できない業種の企業は避けた方が良いという考え。

見切り千両

買った株が値下がりしたときは、居ても立ってもいられない気持ちに襲われ、迷いが。損には違いないが、それによって大損が避けられたのなら、千両の価値があるという格言。また、「貯蓄十両、儲け百両、見切り千両、無欲万両」という言葉もある。見切りは大切、それ以上に無欲であることも大切。

勝者は希望を売り、敗者は夢を買う

夢を買うような投資をすると、高い確率で失敗する。希望が残っているうちに、期待値が高まっているうちに売り抜くのが勝者。欲をかくと良くないという格言。

中島 宏明

中島 宏明

投稿者の記事一覧

経営者のゴーストライター

2012年より、大手人材会社のアウトソーシングプロジェクトに参加。2014年、一時インドネシア・バリ島へ移住し、その前後から暗号通貨投資、不動産投資、事業投資を始める。

暗号通貨草創期からの投資家仲間を通じて、草創期からの投資家しか知りえない暗号通貨に関する情報を取得している。

現在は複数の企業で経営戦略チームの一員を務めるほか、バリ島でアパート開発と運営を行っている。

マイナビニュースで、投資や新時代の働き方をテーマに連載中。

連載一覧 https://news.mynavi.jp/author/12228/

関連記事

  1. 信用資産と能力資産という2つの基盤があるから人生は豊かになる
  2. 人生100年時代は 「無形資産」で豊かになろう 人生100年時代は「無形資産」で豊かになろう
  3. 投資で大金を得ると、宝くじ当選者と同じ末路をたどってしまうのか
  4. ベストセラー著者コラボセミナーレポート「戦略的輸入ビジネスアドバ…
  5. 老後不安よりアンリタイヤメント
  6. VUCA時代は「計画的偶発性理論」で夢の途中を生きる
  7. 資産1億円をつくるための思考とポートフォリオ 前編
  8. 「出会いあっても別れなし」BtoFというビジネスモデル

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP